ITmedia NEWS >
ニュース
» 2016年08月04日 11時38分 公開

Pokemon GO、iOS版「バッテリーセーバー」数日中に復旧か 運営チーム「自信がある」

Pokemon GOのiOS版アプリから削除された「バッテリーセーバー」について、運営チームが「数日中に復旧させる自信がある」と説明した。

[ITmedia]
photo 運営チームの公式Facebookアカウントより

 Pokemon GOのiOS版アプリから削除された機能「バッテリーセーバー」について、米Nianticの運営チームが8月4日、公式Facebookアカウントで「数日中に復旧させる自信がある」と説明した。

 バッテリーセーバーは、iPhoneを上下さかさまにすると画面が暗くなり、消費電力を抑える機能。だが、バッテリーセーバーから通常の画面に復帰してもタッチ操作ができなくなる不具合が発生。ユーザーからは改善を求める声が上がったが、Nianticが7月31日の大幅なアップデートで機能自体を削除し、その記載もなかったため、不満の声が噴出していた。

 運営チームは「バッテリーセーバーの削除をめぐって、ユーザーからフィードバックを受けている」といい、「数日中に復旧させる自信がある」としている。

photo 7月31日のアップデート後の画面。iPhone版の設定画面からはバッテリーセーブモードが削除された

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.