ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2016年08月24日 10時28分 公開

カプコン、「Suica」乗車履歴と連携するゲームを開発 ニンテンドー3DS向けに

カプコンがニンテンドー3DS向けに「Suica」などと連携するゲームを開発。乗車履歴に応じてポイントがたまる仕組みで、地方のイベントとのコラボも予定する。

[ITmedia]

 カプコンは8月23日、任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けに、交通系ICカード「Suica」などと連携するゲームソフトを開発していると明らかにした。ICカードから読み取った乗車履歴を基に、ゲーム内で使えるポイントが手に入るという。ゲームタイトルや発売時期は未定。

photo プレイ画面(カプコン提供)

 ICカードを「Newニンテンドー3DS」などのNFCリーダーにかざすと乗車履歴を読み取り、距離などに応じてポイントが手に入る仕組み。ポイントは、ゲーム内で使えるアイテムと交換できるという。ICカードとゲームの連携システムはJR東日本の子会社・ジェイアール東日本企画とカプコンが共同開発した。

 NFCによるICカード読み取りに対応しているのは「Newニンテンドー3DS」「Newニンテンドー3DS LL」のみだが、それ以外の機種でプレイするための周辺機器の提供有無は現時点では未定という。

photo JR東日本のサイトより

 対応するICカードはSuica、ICOCA、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、PiTaPa、nimoca、SUGOCA、はやかけんの10種類を予定。読み取るデータは乗車履歴のみで、利用者の名前やチャージ金額などは読み取らないという。

 地方のイベントなどとタイアップも予定する。イベント会場の最寄り駅で、通常の2倍のポイントがもらえるなどの仕組みを用意し、ユーザーが地方に足を運ぶきっかけを作ることで「地域活性化に貢献したい」(カプコン)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.