ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2016年11月17日 17時08分 公開

1日で終了「カオスサーガ」、DMMが「他社の権利侵害した可能性」と説明 ネットではFFキャラ流用の指摘も

提供開始から26時間30分でサービスを終了した「カオスサーガ」について、DMM GAMESが経緯を説明した。他社の権利を侵害している可能性があるという。

[ITmedia]

 サービス開始からわずか26時間30分で終了――DMM GAMESで11月15日午後0時30分に公開されたオンラインゲーム「カオスサーガ」が、16日午後3時にサービスを終了した。これを受け、DMM GAMESは17日、サービス終了の経緯を説明した。「他社の権利を侵害している可能性がある」という。

photo わずか26時間30分で終了した「カオスサーガ」

 カオスサーガは、オンラインゲーム制作会社・ブライブが開発・運営。配信プラットフォーム「DMM GAMES」で15日に公開されたが、16日午前10時30分から緊急メンテナンスが始まり、午後3時にサービスを終了した。理由は「諸事情により」としていたが、ネット上では、スクウェア・エニックスのオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXI」のキャラクターデータを盗用している可能性が指摘されていた。

 DMM GAMESは17日、運営元のブライブから「同ゲームが他社の権利を侵害している可能性がある」との連絡を受けたと説明。「権利侵害が事実であれば、コンプライアンスの観点から看過できない上、利用契約に違反することにもなる」と判断し、ブライブの同意のもと、配信を停止したという。

 すでに同ゲーム内でDMMポイントを使ったユーザーには、ポイントの返還を済ませたという。

photo DMM GAMESの公式サイトより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.