ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年09月28日 16時49分 公開

サンリオピューロランドに電子チケット導入 公式サイトで10月から販売

サンリオピューロランドが10月から電子チケットを導入する。購入した電子チケットをスマートフォンで提示するだけで入場できるようになる。

[ITmedia]

 サンリオエンターテイメントとトランスコスモス子会社のplaygroundは9月28日、サンリオピューロランドの電子チケットを販売する公式直販サイト「サンリオピューロランド前売りeパスポートショップ」を10月1日にオープンすると発表した。購入した電子チケットをスマートフォンで提示するだけで入場できるようになる。

photo 電子チケットをスマホで提示してサンリオピューロランドに入場できるようになる

 サンリオピューロランド前売り e パスポートショップでチケットを購入すると、登録したメールアドレスに「eパスポートURL」を記載したメールが届く。当日はスマートフォンでURLを開き、入場ゲートで提示すればスタッフが電子スタンプを押して入場できる。複数のチケットを購入し、事前にLINEやメールなどで同行者にチケットを渡すことも可能だ。

photo 電子チケット利用の流れ

 playgroundの電子チケット発券サービス「Quick Ticket」と、EVENTIFY(東京都豊島区)のチケット販売システム「Funity」を活用して実現した。

 販売するのは「平日eパスポート」(大人3200円、小人2400円)と「休日eパスポート」(大人3700円、小人2600円)。有効期間は購入日から1カ月間で、1回の申し込みにつき10枚まで購入できる。

photo 電子チケットの販売概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.