ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月01日 13時01分 公開

サイバーエージェント、FC町田ゼルビアを買収

サイバーエージェントが、JリーグクラブのFC町田ゼルビアを子会社化した。早期のJ1ライセンス取得を目指すとしている。

[ITmedia]

 サイバーエージェントは10月1日、サッカーJリーグ2部のFC町田ゼルビアを運営するゼルビア(東京都町田市)を子会社化すると発表した。ゼルビアが実施する11億4800万円の第三者割当増資を引き受ける(発行済み株式総数の80%分)。早期のJ1ライセンス取得を目指す。

町田

 買収の背景について、サイバーエージェントは「人材育成という点で親和性が高く、共に理念に共感した」と説明。FC町田ゼルビアが創設時から培ってきたクラブ理念を尊重しながら、インターネットサービスを通じてサポーターへの情報提供、サービスの充実、新たなサポーター層の獲得などを図るとしている。

 FC町田ゼルビアは同日時点でJ2リーグ3位の好成績。だが、J1ライセンスが交付されておらず、順位要件を満たしてもJ1には昇格できない。J1ライセンスを取得するには、ホームスタジアムのトイレ数や屋根のカバー率といった施設拡充を図る必要があり、サイバーエージェントが資金面でそれらをカバーする見込み(参考サイト:Jリーグ)。

町田

 「東京・町田のスポーツ文化の振興および地域経済の発展に貢献し、東京・町田発のビッグクラブへの成長を目指す」(サイバーエージェント)

 ゼルビアの社長は、引き続き大友健寿氏が務める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.