ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月15日 19時33分 公開

「闘会議2019」26日に開幕 スマブラ大会、VRの「クトゥルフ神話TRPG」配信も

ゲームの祭典「闘会議2019」が1月26日と27日に千葉・幕張メッセで開催される。

[ITmedia]

 Gzブレインとドワンゴが、1月26日と27日にゲームの祭典「闘会議2019」を千葉・幕張メッセで開催する。「スプラトゥーン」「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」といった人気タイトルの大会を実施。今年で5回目の開催となる。

ゲーム

 闘会議は、デジタルからアナログまで幅広いゲームを扱うゲームの祭典。「スプラトゥーン」「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」「モンスターストライク」といった人気タイトルのゲーム大会を実施する他、アナログゲームやアーケードゲームを遊べるエリアなどを用意する。

 スマートフォン向けアプリ「Fate/Grand Order」が初出展し、オリジナルグッズがもらえるスタンプラリーやチャレンジクエストなどを提供。また、VRライブ配信サービス「バーチャルキャスト」を使った「クトゥルフ神話」のTRPG(テーブルトークRPG)や、推理ゲーム「人狼」などをゲーム実況者がプレイし、niconicoで配信する。

 フォトスポットでの写真撮影が楽しめる「コスプレエリア」や、会場限定フードを提供するフードコートなども用意する。

ゲーム 2018年の闘会議の様子

 闘会議は、2017年からアミューズメント機器の展示会「ジャパンアミューズメントエキスポ」(EXPO)と合同開催しており、18年は会場来場者7万2425人、動画サービス「niconico」でのネット視聴者513万1820人を動員した。

 一般入場券は、1日券が前売りで1500円、当日で2000円。2日通し券は前売りのみで2500円(いずれも税込)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.