ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年01月24日 09時00分 公開

政府、アニメ「約束のネバーランド」とコラボ 「サイバーセキュリティ月間」で

政府の啓発キャンペーン「サイバーセキュリティ月間」が、テレビアニメ「約束のネバーランド」とコラボレーション。

[ITmedia]

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は1月24日、サイバーセキュリティの啓発のため、テレビアニメ「約束のネバーランド」とコラボレーション企画を行うと発表した。同作のキャラクターをデザインしたポスターを作成し、関係機関などに配布する。

photo ©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

 サイバーセキュリティに関心を持ってもらう啓発キャンペーン「サイバーセキュリティ月間」(2月1日〜3月18日)の周知用ポスターやWebバナーに、約束のネバーランドのキャラクターを起用。「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」を標語に掲げる。

 約束のネバーランドは、ヨーロッパを彷彿(ほうふつ)とさせる未知の世界を舞台に、「グレイス=フィールドハウス」で暮らす子供たちの決死の脱出劇を描く――というアニメ作品。劇中では、子供たちが知恵を絞って脅威に立ち向かっていくことから、「インターネットの世界でも知識を身につけて脅威に立ち向かってほしい」(NISC)という思いを込め、コラボを決めたという。

 政府のサイバーセキュリティ月間では、これまでも「攻殻機動隊 S.A.C.」(2016年)、「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」(17年)、「BEATLESS」(18年)など、アニメ作品とのコラボ企画を実施している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.