ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年01月29日 13時50分 公開

部屋を片付け、いらない物はフリマアプリで売ってくれる……「楽ラクお助け隊」開始

家事代行スタッフが自宅を片付けてくれ、その際に不要なものを指定すると、別のスタッフが回収してフリマアプリ「ラクマ」で売ってくれる――そんなサービスが登場した。

[ITmedia]
画像 サービスイメージ

 家事代行スタッフが自宅を片付けてくれ、その際に不要なものを指定すると、別のスタッフが回収してフリマアプリ「ラクマ」で売ってくれる――そんなサービスが登場した。楽天が提供する「【ベアーズ×ラクマ×トリクル】楽ラクお助け隊」だ。1月29日に受け付けが始まった。

 ベアーズの家事代行スタッフが自宅の片付けをサポート。その際に売りたいものを選ぶと、出品代行サービス「トリクル」のスタッフが回収し、フリマアプリ「ラクマ」で売ってくれる。

 家事代行(スタッフ2人)の料金は3時間1万7900円(税別)〜+交通費1800円。ラクマでの売上金から手数料30%と送料を引いた額が依頼者に入る。

 3、4月の引っ越しシーズンに向けた取り組み。申し込みは4月30日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.