ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年02月06日 10時48分 公開

Apple Storeでツリーハウスを描き、自然との共存を考える

Apple StoreのFoster + Partnersとの共同開発セッション「デザインラボ:ツリーハウスを描こう」に参加してきた。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Apple Storeが、Today at Appleの新しいプログラムとして「デザインラボ:ツリーハウスを描こう」を開催した。

photo デザインラボ:ツリーハウスを描こう

 Foster + Partnersのアートディレクター&シニアパートナーであるナリンダー・シン・サグー氏と共同開発したセッションで、アメリカでは、2018年10月から行われていた。

 Foster + Partnersは、Apple Park Visitor Center、Apple 京都など、多くの建築デザインを手掛けていて、同社は「伝統と未来」、「人間と環境」といった普遍的なテーマを追求し、革新的なアイデアで建築や都市を創り続けている。

photo Foster + Partnersのアートディレクター&シニアパートナー、ナリンダー・シン・サグー氏

 ツリーハウスをデザインすることは多くの点で建築と自然の完璧な相乗効果を生み出す作業だという。

 iPad ProとApple Pencilを使用し、iPad用スケッチアプリ「Procreate」の使い方を学びながらセッションは進められる。

photo Procreate

 なお、Procreateアプリをさらに詳しく学べる「アートスキル:Procreateではじめよう」といった別セッションも行われている。

 iPad ProやApple Pencilを所有していなくても、貸し出しを受けられるため、誰でも参加可能。

photo ナリンダーペンシル

 Procreateアプリのブラシのスケッチに「ナリンダーペンシル」という名前がついたブラシがあるが、これはサグー氏の要望で追加されたブラシだ。

 最初に、Apple Pencilを使った描き方の基本を学ぶ。

photo Procreate

 筆圧感知による描画の差を覚え、Apple Pencilを平行にして持つデッサン持ちなどを学習する。

 手首を柔らかくする運動を行った後、さらに力強く描いたり、素早く描いたりといったアクションも学習する。

 次は、Procreateアプリのアンドゥの方法を学ぶ。

photo Procreate

 画面を2本指でタップすると1段階戻り、3本指でタップすると1段階進む。

 何度か練習するうちに、自然と体が慣れてくる。

 操作方法を覚えたら、次は周りの環境を観察しながら、ツリーハウスを描く場所を創造しつつ「木を描く」に移る。

photo 木を描く

 Today at Appleのセッションでは、具体的に描く木についての説明はなく、思い思いの木を描くことに集中する時間が与えらる。

 木が描けたら、次は、住む人や使う人のためにデザインすることを学ぶため「人を描く」に移る。

photo 人を描く

 ここでも具体的に描く人についての指示はなく、自由な発想で黙々と描き続ける。

 先に描いた木を縮小したり、描いた人を縮小する方法を学びながら遠近法についても学習する。

 次にツリーハウスを描くにあたり、最小限のエネルギーで、最大限の効果を生み出すために「資材を描く」に移る。

photo 資材を描く

 建築にあたり、使用する資材を考えることはとても重要で、建築にしようする資材をどうするか考え、それらを書き留めておく。

 こうして、環境に配慮するにはどうすべきかも学ぶことができる。

 最後に「ツリーハウスを描く」に移り、現在だけでなく、将来にわたりこの社会と地球環境を保持し続ける「サステナビリティ」を意識しながらツリーハウスを描く。

photo ツリーハウスを描く

 Appleのセッションでは、進行役のスタッフが採点したりせず、セッションで身につけたスキルを生かして作品づくりを始めるきっかけを与えてくれる。

 出来上がった作品を、Procreateアプリから「タイムラプスビデオを書き出す」を使用すると、それまで描いた手順が動画として保存される。

photo タイムラプスビデオを書き出す

 そのタイムラプスビデオを参加者と一緒に見ながら、ツリーハウスの思いを語ってセッションは終了する。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.