ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年02月06日 12時52分 公開

ゲームAIの手法、火力発電所システムに応用 DeNAと関電が共同開発

ディー・エヌ・エーと関西電力が、石炭火力発電所における燃料運用のスケジュール作成をAI(人工知能)で自動化するシステムを共同開発。外販に向けて協業する。

[ITmedia]

 ディー・エヌ・エーと関西電力は2月5日、石炭火力発電所における燃料運用のスケジュール作成をAI(人工知能)で自動化するシステムを共同開発し、外販に向けて協業を進めると発表した。

電力

 石炭火力発電所では、輸送船から受け入れた石炭を「バース」と呼ばれる設備で受け入れて「サイロ」で貯蔵、その後「ボイラ」で石炭を燃焼して電力を生み出す。しかし、石炭の組み合わせによっては一緒に積めなかったり、燃やせなかったりする場合があった。

 これまでは、熟練技術者がそうした制約を考慮して燃料関係設備の運用スケジュールを作成していたが、これをAIで自動化する。関西電力が設定した課題や運用条件に基づき、ディー・エヌ・エーが「膨大な組み合わせの中から最適なものを探索する」というアルゴリズムを構築。一般的にゲームAIで用いられる「ビームサーチ」(探索アルゴリズムの一種)の手法を採用した。

電力

 熟練技術者は半日かけてスケジュールを作成していたが、AIは数分で4カ月先までのスケジュールを自動作成できたという。

 2019年度に実用化に向けた共同開発と検証を進め、20年度に京都・舞鶴発電所で本格運用を開始。20年代前半に他社へ外販する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.