ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年03月14日 18時06分 公開

ジャパン・ドローン2019:人を運べる救助ドローン「SUKUU」、開発中

遠隔操作で人を救助し運ぶことができるドローンが5月のテスト飛行に向けて開発中だ。

[松尾公也,ITmedia]

 名古屋のドローンメーカー、プロドローンは3月13日から幕張メッセで開催されている国際展示会「ジャパン・ドローン2019」で、対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」実機を披露した。東北大震災の津波被害者救出映像を見て、ドローンにできることを考えたという。

photo SUKUU

 リモートからの操縦により体重100キロまでの人間をドローンの下に乗せ救出、合計15分間飛行することを可能にする。機体そのものは70キロ程度。5月にテスト飛行をスタートさせる予定。

 人を乗せるためのフレームは折りたためる構造で、コンパクトな状態で飛んでいったり、車載して現地に運んだりできる。そこからFPV(操縦者視点)で運転。救出される人と音声や映像でコミュニケーションを取るために、タブレットやスピーカー、マイクを機内に搭載する。

photo SUKUU,photo,SUKUUはタブレットも備える
photo SUKUU

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.