ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年03月26日 18時49分 公開

日本郵便、配達車をEVに切り替え 2020年度末までに1200台

日本郵便が都内近郊を走る配達車1200台をEV化する。

[山口恵祐,ITmedia]

 日本郵便は3月26日、郵便物や荷物の配送に使う軽自動車を電気自動車(EV)にすると発表した。今秋から2020年度末までに東京都内の近距離エリアを走る1200台のガソリン車をEVに切り替える。

photo 導入するEVのイメージ

 郵便・物流事業で使う車両の二酸化炭素(CO2)排出量削減施策の一環。13年度にEVの試験導入を行い、環境面や業務における実用性などを検証して導入に至ったという。

 導入する車種は、三菱自動車の「ミニキャブ・ミーブ バン」(日本郵便向け仕様)。車体カラーは日本郵便のコーポレートカラー「ゆうせいレッド」で、EVならではのデザインを施す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.