ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年04月08日 11時39分 公開

次期macOSでiTunesが解体される理由

次期macOSはiOSと同様に、Podcastアプリとミュージックアプリが単独化されるかもしれない。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleのベータ版から数多くの将来機能を発見しているスティーブ・トラフトン=スミス氏が、次期macOSでは、ブックアプリのように、iTunes for Macから、Podcastアプリとミュージックアプリへと単独化される可能性があるとツイートしている

photo Podcast

 同氏は、これに関する証拠があり、実現を確信しているそうだ。

 iOSデバイスではPodcastが単独アプリ化されているため、スクリーンタイムのコンテンツとプライバシーによってアプリ制限をかけられるが、macOSでは、iTunes for Mac内のコンテンツとして提供されているため、ストアサービス自体の制限はかけられるものの、Podcastサービスを制限するためには、アプリケーションタブからiTunes for Macを選び、iTunes for Macアプリ自体を使用できないようにするしか方法がない。

photo ペアレンタルコントロール

 2019年5月から提供が開始される予定の新しい「Apple TV App」は、これまでのTV Appだけが持っていたWatch Now、Sportsタブに加え、iTunes Storeアプリがもつ映画タブ、TV番組タブが追加されている。

photo New Apple TV App

 新しくKidsタブも追加されている。

 これまでのTV Appと違うのは、インストールベースのアプリ紹介がなくなり、各テレビ局コンテンツに対してのサブスクリプションや、買切り映画やテレビ番組などコンテンツそのものが表示されるところだ。

 Appleが提供するサブスクリプション型音楽サービス「Apple Music」は、iOSデバイスやAndroidデバイス向けには「ミュージック」という、一度サブスクリプションするだけでフル活用できる単独アプリとして提供されているが、macOSやWindowsなどの場合、iTunes for MacまたはiTunes for Windowsという統合型アプリとして提供され、Apple Musicは「見つける」という非常に分かりづらい区分になっている。

photo iTunes for Mac/Apple Music

 macOS、iOS、watchOSとの連携機能「Handoff」も、単独アプリと統合アプリという違いから、iTunes MusicやApple Musicは連携できない状況だ。

 これまで、iTunes for Macが機能として装備していたiOSデバイスのバックアップ機能はなくなり、ローカルバックアップは、企業や学校向けの管理ツール「Apple Configurator 2」を使用することが推奨されると考えられる。

photo Apple Configurator 2

 iTunes for MacはiTunes Store for Macと名前を変え、iOSと同じになる可能性はある。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.