ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年04月08日 15時46分 公開

次期三眼iPhoneは、6.1インチと6.5インチ有機ELモデル?

今年発売が予定されているiPhone次期モデルには三眼カメラ搭載が噂されている。そのさらなる詳細情報が寄せられた。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 中国の信頼できるサプライヤー関係者によれば、2019年に発売されるiPhoneのうち、三眼カメラ仕様の次期iPhoneは、6.1インチ有機ELと6.5インチ有機ELモデルの2種類となるという。

 この6.1インチ有機ELモデルは、iPhone XSとiPhone XRの中間サイズとなり、Galaxy S10に近いサイズになるようだ。

 6.1インチ有機ELモデルは、iPhone XSと比べて、本体の厚みは約0.15ミリ厚くなるが、背面カメラの突出部分が約0.5ミリ減るため、トータルで約0.1ミリ厚くなる模様。

photo iPhone XI

 もう1つの三眼カメラ仕様の6.5インチ有機ELモデルは、iPhone XS Maxと比べて、本体の厚みは約0.4ミリ厚いが、背面カメラの突出部分が約0.25ミリ減るため、トータルでは約0.2ミリ厚みが増す。

photo iPhone XI/iPhone XI Max

 三眼カメラは、どれもiPhone XRの背面カメラよりも大きなレンズユニットを採用する可能性が高く、センサーサイズもアップするかもしれない。

 この2機種は、USB-C - Lightningケーブルと18W USB-C電源アダプタが同梱され、Apple Watchや他のQiワイヤレス充電対応iPhoneへのバッテリー給電機能が搭載されている可能性が高そうだ。

photo USB-C/Wireless PowerShare

 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの次期モデルは、現状の筐体を継続使用したAチップ等のアップデートモデルとなる可能性が高そうだ。

 ライバルは、HUAWEI Mate 20 Pro、Galaxy S10e・S10・S10+になりそう。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.