ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年04月11日 17時18分 公開

圏外でもクルマ同士が直接通信、5Gで低遅延 ソフトバンクが世界初

基地局圏外でもクルマ同士が5Gを活用して直接通信し、遅延時間を1ミリ秒以下に抑えることに、ソフトバンクが成功した。

[ITmedia]

 ソフトバンクは4月11日、基地局圏外でもクルマ同士が5G(第5世代移動通信システム)を活用して直接通信し、遅延時間を1ミリ秒(1000分の1秒)以下に抑えることに世界で初めて成功したと発表した。有人運転のトラックに自動運転のトラックが追従し、隊列走行するといったシーンで活用を見込む。

photo

 これまでの実験では、基地局から信号を送り、クルマが搭載する通信端末を同期させていたが、この信号が届かない基地局圏外では使えなくなるという課題があった。そこで圏外でも自律的にクルマ同士で通信を行える車載端末(4.5GHz帯使用)を開発。車両間通信の遅延時間を1ミリ秒以下にできた。

 新技術は、5G基地局が展開されていない地域やトンネルなどを走行中のトラックが、加速・減速といった情報を車両間で共有するために役立てる。ソフトバンクは、引き続き技術検証や実証実験を行うとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.