ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年05月15日 18時00分 公開

吹くだけでタクシー呼べる笛 三和交通が一般販売スタート スマホと連携

三和交通は吹くだけで簡単にタクシーを呼べる笛「タクシーホイッスル」の一般販売を始めた。

[谷井将人,ITmedia]

 タクシー会社の三和交通(横浜市港北区)は5月15日、吹くだけでタクシーを呼べる笛型デバイス「タクシーホイッスル」の一般販売を専用サイトで始めたと発表した。価格は3500円(税込、送料別)から。

photo 笛を吹くと85dbの音が鳴る

 タクシーホイッスルは、スマートフォンと連携させて使う笛型のデバイス。「三和交通アプリ」(iOS、Android)をインストールしたスマホとBluetoothで接続しておき、笛を1.5秒以上吹くか、本体のボタンを3秒間押すと、タクシーの配車依頼を行える。アプリの操作に慣れない小さな子どもや高齢者でも簡単に使えるという。間違えて呼び出してしまった場合はアプリからキャンセルできる。

 製品のバリエーションとして、通常デザイン(3500円)と限定デザイン(5500円)を用意する。

 対応エリアは、横浜エリア(横浜市、川崎市)、多摩エリア(調布市、府中市、小金井市、国立市、小平市、国分寺市、西東京市、東久留米市、日野市、八王子市)、埼玉エリア(所沢市、新座市、和光市、朝霞市、三芳町、志木市、富士見市、ふじみ野市、川越市)のみ。

photo

 同社は2018年に同製品の開発費用を募るクラウドファンディングを実施。目標金額の130%となる支援金を集め、今回の一般販売にこぎつけた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.