ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年06月06日 21時30分 公開

VTuber事業のバーチャルキャスト、SHOWROOMと事業提携 “コメント降らせる”機能をシェア

バーチャルキャストとSHOWROOMが事業提携。バーチャルキャストの機能の一部をSHOWROOMに導入し、演出を多様化させる。

[ITmedia]

 ドワンゴとインフィニットループが設立した、バーチャルYouTuber(VTuber)事業を手掛けるバーチャルキャスト(札幌市)は6月6日、ライブ配信サービスのSHOWROOMと事業提携すると発表した。バーチャルキャストの機能の一部をSHOWROOMに導入し、演出を多様化させる。

photo

 バーチャルキャストは、ユーザーが3Dキャラクターになりきり、VR空間上のスタジオから生放送できるサービス「バーチャルキャスト」を運営している。配信者のVR空間に、視聴者が書き込んだコメントが3Dオブジェクトになって降り注ぐ――といったギミックも特徴だ。

 今回の提携では、バーチャルキャストがこうした技術をSHOWROOMに提供。SHOWROOMのライブ配信でも、視聴者のコメントをVR空間に出現させ、配信者のキャラクターが自由に操れるようにする。配信者がVR空間でコメントを書き込めるアイテム「コメントボード」も、SHOWROOM向けにアレンジして提供する。

 今後は、SHOWROOMの機能をバーチャルキャストに取り入れる予定もあるという。

photo

 バーチャルキャストは5月末、グリー傘下で同じくVTuber事業を手掛けるWright Flyer Live Entertainment(WFLE)とも戦略的提携を結んだ。バーチャルキャストのユーザーが、WFLEのライブ配信サービス「REALITY」でも番組を配信できるようにした。

 一連の取り組みを踏まえ、バーチャルキャストは「引き続きVTuberがより活躍できる環境の構築を目指す」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.