ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年07月10日 18時33分 公開

メルカリで売れた商品、宅配ロッカー「はこぽす」から発送OK 首都圏4カ所に試験導入

「メルカリ」で売れた商品を、日本郵便が駅などに設置している宅配ロッカー「はこぽす」から発送できるサービスを、首都圏の4カ所で試験的に始めた。

[ITmedia]

 メルカリは7月10日、フリマアプリ「メルカリ」で売れた商品を、日本郵便が駅などに設置している宅配ロッカー「はこぽす」から発送できるサービスを、首都圏の4カ所で試験的に始めた。ユーザーの利便性を高めつつ、郵便局員の窓口対応の手間を解消する狙い。

photo

 商品の取引が成立した後で、出品者がスマホアプリ上で二次元コードを作成し、はこぽす本体の読み取り機にかざすと、伝票が出力される。この伝票を荷物に貼り、画面の案内に従って荷物を入れると、日本郵便が回収して買い手に届ける。

 このサービスは、ローソン ゲートシティ大崎アトリウム店(東京都品川区)、八千代郵便局(千葉県八千代市)、JR東日本の新松戸駅(千葉県松戸市)、同じく南与野駅(さいたま市)に設置したはこぽすで利用できる。

 今後は取り組みの結果を踏まえ、対象地域の拡大を検討する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.