ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年07月17日 12時06分 公開

コナミ、ユヴェントスと独占契約 「ウイイレ2020」にロナウド選手など、3Dスキャンでリアルに再現

コナミデジタルエンタテインメントは、イタリアリーグの名門サッカークラブ「ユヴェントスFC」と、同社のサッカーゲームでの長期独占パートナーシップ契約を結んだと発表した。9月12日発売予定の「ウイイレ2020」に、ロナウド選手などユヴェントスの人気選手が多数登場する。

[ITmedia]

 コナミデジタルエンタテインメントは7月17日、イタリアリーグの名門サッカークラブ「ユヴェントスFC」と、同社のサッカーゲームでの長期独占パートナーシップ契約を結んだと発表した。9月12日発売予定の「eFootball ウイニングイレブン 2020」に、クリスティアーノ・ロナウド選手などユヴェントスの人気選手が多数登場する。各選手が登場するトレーラー動画もYouTubeで公開した。

画像 (C)Konami Digital Entertainment
画像

 ユヴェントスFCは120年の歴史を持つ名門チームで、セリエAを通算35回制した強豪。

 ウイイレ2020では、ユヴェントスのホームスタジアム「アリアンツ・スタジアム」を細部まで美しく再現したほか、高精度3Dスキャンで撮影した18人の選手をリアルフェイスで搭載。リアルフェイスの選手は追加予定だ。フリーキックの名手として知られるミラレムピャニッチ選手がアンバサダーに就任した。

 同作は、狭いエリアを抜け出して局面を打開する新操作「フィネスドリブル」など、現実のサッカーに近い駆け引きを実現した新作サッカーゲーム。アンドレス イニエスタ選手(ヴィッセル神戸)をアドバイザーに迎えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.