ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年08月07日 16時18分 公開

メルペイ、鹿島アントラーズの公式ショップに導入 男性層や40代の獲得狙う

メルカリは「メルペイ」を、Jリーグ・鹿島アントラーズのグッズを販売するオフィシャルショップに導入する。

[ITmedia]

 メルカリは8月7日、モバイル決済サービス「メルペイ」を、Jリーグ・鹿島アントラーズのグッズを販売するオフィシャルショップに10日から導入すると発表した。メルカリは7月末、鹿島アントラーズの経営権を取得すると発表。同チームのブランドを生かし、メルペイの顧客層拡大を狙う。

 まずホームスタジアム(茨城県鹿嶋市)内のオフィシャルショップ、展示施設「カシマサッカーミュージアム」、スポーツジム「カシマウェルネスプラザ」の他、クラブハウス(同市)併設のオフィシャルショップにも導入する。対象店舗は順次拡大する予定。

photo

 メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」の売上金を決済に使えるのが特徴。ただ、メルカリのユーザーは20〜30代の女性が多いため、鹿島アントラーズの店舗への導入を通じ、男性や40代のユーザーを増やしたい考えだ。

 同様の動きとしては、楽天が経営権を持つJリーグ・ヴィッセル神戸とプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスのスタジアム内で、モバイル決済サービスを導入している。

 楽天は、スタジアム内での支払い方法を「楽天ペイ」「楽天Edy」などのキャッシュレス決済にする方針を打ち出している。自社が運営するスタジアムへの導入を通じ、キャッシュレス決済の普及を促す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.