ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年08月28日 11時41分 公開

バンダイナムコ、米Crunchyrollと提携 NARUTOのアニメ視聴者をゲームに誘導

バンダイナムコエンターテインメントが米Crunchyrollと提携。19年に「NARUTO」のブラウザゲームが米国で配信される際、Crunchyrollのプラットフォームから遊べるようにする。

[ITmedia]

 バンダイナムコエンターテインメントは8月28日、日本のアニメなどを配信する米企業Crunchyrollと業務提携したと発表した。第1弾として、2019年配信予定のブラウザゲーム「NARUTO X BORUTO 忍者 TRIBES」が米国で配信される際、Crunchyrollのプラットフォームから遊べるようにする。

画像 NARUTO X BORUTO 忍者 TRIBESのティーザーサイトより

 Crunchyrollでは従来からアニメや漫画が人気だったが、新たに、ゲームを拡充していく計画だ。

 今回の取り組みでは、Crunchyrollの登録ユーザーが、バンダイナムコのアニメなどを視聴した後、デバイスや画面を切り替えることなくそのまま、同じ作品を基にしたゲームで遊べるようにする。

 まず米国で「NARUTO」シリーズのブラウザゲーム「NARUTO X BORUTO 忍者 TRIBES」を使った取り組みを開始し、展開地域を拡大していく予定だ。

 他の作品のブラウザゲームの展開や、他のCrunchyroll内サービスとの連携も計画している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.