ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年11月22日 11時40分 公開

Twitterの2要素認証、携帯電話番号が不要に

Twitterが、認証アプリや物理セキュリティキーを使う2要素認証であれば、携帯電話番号の登録を不要にしたと発表した。10月には2要素認証用に集めた電話番号を誤ってターゲティング広告に使っていたとしていた。

[ITmedia]

 米Twitterは11月21日(現地時間)、ログインでオプションで設定する2要素認証で、ショートメールを使う以外の方法を選択すれば、携帯電話番号が不要になったと発表した。これまでは、使える3つの方法のいずれでも、Twitterアカウントに携帯電話番号を登録する必要があった。


 ヘルプセンターの「2要素認証を使う方法」から「ログイン認証を設定するには、Twitterアカウントに携帯電話番号を登録します。」という注記がなくなった。

 Twitterの2要素認証では、ショートメールを使う方法に加え、Google Authenticator、Authy、Duo Mobile、1Passwordなどの認証アプリを使う方法と、物理的なセキュリティキーを使う方法が選択できる。

 だが、これまでは、すべての方法でまずは携帯電話番号の登録が必要だった。同日から、ユーザーはショートメールベースの二要素認証を無効にし、他の方法を選択できる。

 off 2要素認証をオフにして他の方法を選び直せる

 つまり、Twitterのユーザーは自分のアカウントに関連付けられた携帯電話番号を削除しても、2要素認証を使えるようになったということだ。

 Twitterでは8月、ジャック・ドーシーCEOのアカウントがハックされたことがあり、ハッキングに同氏の携帯電話番号が悪用されたとみられていた。

 また、10月には2要素認証のために登録された携帯電話番号が誤ってターゲティング広告に利用されていたという発表もあった。

 2要素認証の設定および、ショートメールによる2要素認証の無効化方法は、ヘルプセンターを参照されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.