ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年12月03日 19時12分 公開

高輪ゲートウェイ駅は“実証実験の場” QRコード自動改札機に多数のロボットも

JR東日本は2020年春の開業を目指す高輪ゲートウェイ駅に、QRコードに対応した自動改札機やロボットを試験導入すると発表した。同駅を「新しいことを始める場所」と位置付け、今後も実証実験を進める。

[谷井将人,ITmedia]

 JR東日本は12月3日、2020年春の開業を目指すJR山手線の「高輪ゲートウェイ駅」で、QRコードに対応した自動改札機や、さまざまなロボットを試験導入すると発表した。同社は同駅を「新しいことを始める場所」と位置付け、最新のサービスや技術の実証実験を積極的に行っていくとしている。

photo

 試験導入する改札機は、車椅子も利用しやすいようICカードのタッチ部分を斜めに配置。一般的に切符を挿入する位置にはQRコードリーダーを配置する。紙やスマートフォンに表示したQRコードを改札にかざして通過する方式のモニター評価実験を行う。

 試験では、事前にモニター契約を結んだ被験者に切符代わりのQRコードを配布し、通過するのに掛かる時間や使い心地を検証する。実験期間は約6カ月。QRコードに対応することで、切符やICカード以外の乗車方法を提供する狙いがある。同様の実証実験は品川駅でも行う予定。

 同駅では日立製作所の「EMIEW3」など、多くのロボットを配備する予定だ。AIを活用して駅構内や乗り換えを案内するロボットの他、自律移動する警備ロボットや掃除ロボット、宣伝用のモニターを搭載した広告ロボットなども試験導入する。

photo

 JR東日本は、今後もJR東日本グループが開発しているさまざまなサービスや技術の実証実験を進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.