ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年12月11日 20時19分 公開

ダイキンの持ち運べるエアコン、商品化が決定 初のクラウドファンディングは10日間で目標到達

ダイキンが持ち運べるエアコン「Carrime」(キャリミー)の商品化を決めた。「Makuake」でクラウドファンディングを行い、商品化の条件としていた300件以上の支援を獲得した。

[ITmedia]

 空調機器大手のダイキンは12月11日、持ち運べるエアコン「Carrime」(キャリミー)の商品化を決めたと発表した。「Makuake」でクラウドファンディングを行い、商品化の条件としていた300件以上の支援を獲得した。2020年6月ごろ、支援者に届ける。

「Carrime」(キャリミー)

 11月1日のプロジェクト開始から10日で目標金額を達成。期限だった12月10日までに目標を160%超える約2300万円、460人以上からの支援を獲得した。

 Carrimeは、エアコンの設置が難しいキッチンや洗面所など、さまざまな場所で使えるヒートポンプ式のエアコン。工場などで使われる業務用エアコン「マルチキューブ」に搭載しているハニカム整流板を採用し、50センチ離れた場所でも体感温度ではマイナス7度を維持できる。ただし、室外機を持たず背面から温風が出るため、部屋全体を涼しくする効果はない。

持ち手は皮製

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.