ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年12月20日 12時28分 公開

「M-1グランプリ」最終決戦をVR配信 KDDIが提供

KDDIが「M-1グランプリ 2019」最終決戦のVR映像を配信する。番組の放送は22日で、VR映像は25日から配信する。

[ITmedia]

 KDDIは12月20日、日本一の漫才師を決める大会「M-1グランプリ 2019」のVR映像を、25日からネットで配信すると発表した。4台のカメラを会場に設置し、臨場感のある映像を提供するとしている。「auスマートパスプレミアム」の会員は無料で視聴可能。会員以外は、漫才ごとに500円(税込)で視聴できる。

 テレビ朝日系列で22日に生放送される最終決戦3組の漫才と優勝者決定の瞬間を、KDDIのVR配信プラットフォーム「XRstadium」で25日から配信する。配信期間は19年12月25日〜20年2月29日。

 VR専用カメラは、広告カメラを舞台最前列に1台、180度カメラを審査員席周辺、司会席周辺、観客席に1台ずつ設置する。

 19年の決勝進出者は、からし蓮根、ミルクボーイ、ぺこぱ、オズワルド、すゑひろがりず、ニューヨーク、インディアンス、見取り図、かまいたち。これに敗者復活枠を勝ち抜いた1組を加え、決勝戦を行う。

 KDDIは「まるでスタジオにいるかのような、臨場感たっぷりの映像を体験できる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.