ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年01月15日 19時54分 公開

AbemaTV、将棋チャンネルに「形勢を判断するAI」導入 対局の勝率・最善手をリアルタイムに分析

AbemaTVが「将棋チャンネル」に、対局の形勢を判断するAIを導入すると発表。対局の内容を分析し、勝率や最善手をリアルタイムに表示する。実装は16日の予定。将棋の門戸を広げ、さらにファンを増やす狙い。

[ITmedia]

 インターネットテレビ局のAbemaTVは1月15日、プロ棋士の対局などを放送している「将棋チャンネル」に、対局の形勢を判断するAIシステム「SHOGI AI powered by AbemaTV」を導入すると発表した。実装は16日の予定。初心者でも将棋の対局を楽しめるよう工夫することで、新規のファンを増やす狙い。

photo 「SHOGI AI powered by AbemaTV」を実装した様子。画面上部に勝率のグラフが表示されている

 同システムは同社が独自開発したもので、局面を判断する3つのAIを組み合わせた。導入後は、対局の形勢をリアルタイムに分析し、両棋士の勝率をグラフ形式で表示する。また、両者に手番が回るごとに、局面に適した候補手を表示し、それぞれが勝率に与える影響も評価する。

photo 「SHOGI AI powered by AbemaTV」が最善手を予測する様子

 視聴者は、プロ棋士が置かれた状況や、指した手が最善手か否かが分かるため、より観戦を楽しめるとしている。

 AbemaTVは、同AIが実装される16日に、第78期順位戦 C級1組 第8回戦の、小林裕士七段と藤井聡太七段の対局を生放送する予定だ。

photo 「SHOGI AI powered by AbemaTV」のロゴ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.