ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年02月04日 13時06分 公開

カメラに写った人の「視線の先」を推定するAI登場 デジタルサイネージの効果測定などに活用

ユーザーローカルが、ディープラーニングを使ったアイトラッキング技術を開発。デジタルサイネージの広告効果測定などでの活用を見込んでいるという。

[ITmedia]

 ユーザーローカルは2月4日、ディープラーニングを活用したアイトラッキングシステム「ユーザーローカル 視線推定AI」の提供を始めた。デジタルサイネージの広告効果の測定などでの活用を見込む。

ヒートマップ表示機能の利用イメージ

 カメラで撮影した映像をディープラーニング技術で解析し、写っている人物の視線の方向を独自のアルゴリズムで判定する仕組み。被写体の人物が注視している部分を識別し、映像内に赤色で表示するヒートマップ機能も備える。

 顧客の映像を解析することで、小売り店舗の棚配置や、映像コンテンツの評価分析などに活用できるとしている。運転支援システムへの導入も可能で、車内カメラでドライバーの視線をモニタリングすることで、居眠り防止などに役立てられるという。

活用が期待される領域

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.