ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年02月11日 16時49分 公開

ソフトバンクがビジョン・ファンドで出資したBrandlessが事業閉鎖

2年前に「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」から2億4000万ドルの出資を受けた米オンライン小売りのBrandlessが、事業を閉鎖すると発表した。「現在のビジネスモデルでは持続不可能」と判断したとしている。

[ITmedia]

 ソフトバンクなどが「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で2億4000万ドル出資した米オンライン小売り企業のBrandlessが2月10日(現地時間)、事業を閉鎖すると発表した。

 同社はWebサイトで「Brandlessは、消費者の期待に添う製品とその価格に新しい基準を設定したが、競争の激しい消費者向け市場では、現在のビジネスモデルでは持続不可能であることが証明された」と説明した。

 brandless 1 BrandlessのWebサイトは既に告知分だけになっている

 Brandlessは2016年、カリフォルニア州サンフランシスコで創業した。高品質の製品を揃えたコミュニティ主導のオンライン小売りサイトを運営し、2018年にソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資を受け、SoftBank Investment Advisorsから2人が取締役会に送り込まれた。

 brandless 2 ソフトバンク・ビジョン・ファンドのポートフォリオ

 ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先には米We Company米Wag!のように苦戦している企業もあるが、事業を閉鎖するのはBrandlessが初めてだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.