ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2020年02月18日 12時37分 公開

受験者をリアルタイム監視する「カンニング検知AI」 ユーザーローカル開発

ユーザーローカルは、試験中にカンニングしている受験者をリアルタイムに自動検知するAIを開発したと発表した。監視の自動化で試験監督を補助し、公正な試験を支援する狙い。

[谷井将人,ITmedia]

 ユーザーローカルは2月18日、試験中にカンニングしている受験者をリアルタイムに自動検知するAIを開発したと発表した。監視の自動化で試験監督の業務を補助し、公正な試験を支援する狙い。

photo

 AI監視に必要なのは、PCなどの端末とWebカメラのみ。カメラに映る受験者の姿勢や骨格、視線から、「隣の受験者の回答を盗み見ている」「スマートフォンを操作している」といった不正行為をディープラーニングによる行動推定技術で検知する。不正行為をしていないのに不当に疑われた受験者を保護する効果も期待できるという。

 受験者のプライバシーにも配慮する。自動検知の処理はクラウドではなく端末内で完結させる他、不正の疑いのない受験者の顔はマスキングして隠す。

photo

 ユーザーローカルはこれまで、ディープラーニング技術を活用して人の全身画像から骨格を自動検出するAIツール「ユーザーローカル姿勢推定AI」や、カメラに映った人の視線の先を推定するアイトラッキングシステム「ユーザーローカル 視線推定AI」などを開発。さまざまな分野での活用を探っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.