ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年03月05日 18時36分 公開

AI活用の無人決済店舗、高輪ゲートウェイ駅に3月23日開業

AI技術を活用した無人決済店舗「TOUCH TO GO」が、JR山手線の高輪ゲートウェイ駅構内に3月23日にオープン。開発元のTOUCH TO GOは、同駅を皮切りに、小売店や飲食店などにこの仕組みを提供する計画だ。

[ITmedia]

 AI技術を活用した無人決済店舗「TOUCH TO GO」が、JR山手線の高輪ゲートウェイ駅構内に3月23日にオープンする。店内のカメラで客の動きを把握し、購入額を自動で算出する。開発元のTOUCH TO GO(TTG)は、同駅を皮切りに、小売店や飲食店などにこの仕組みを提供する計画だ。

photophoto 無人決済店舗「TOUCH TO GO」が高輪ゲートウェイ駅構内に3月23日にオープンする

 店内のカメラ映像などを基に、客が手に取った商品を認識。出口付近の決済ゾーンで、壁掛けディスプレイに商品名と合計金額を表示する。客が決済すると、出口のゲートが開く仕組みだ。

 営業時間は午前6時〜午前0時まで。弁当や総菜、菓子、飲料など600種類の商品を取り扱う。決済方法は交通系ICカードのみだが、クレジットカードやその他の電子マネーにも順次対応していく。

photo

 開発元のTTGは、JR東日本スタートアップとサインポスト(中央区)が共同で設立。2017年に大宮駅(埼玉県さいたま市)、18年に赤羽駅(東京都北区)で無人決済店舗の実証実験を実施していた。

 今後は、開発したシステムを小売店や飲食店向けにも展開する計画だ。提供時期は未定だが、数人程度の人件費相当で使える月額制のサービスにするという。TTGは「多くの小売企業が抱える労働力不足や、地域店舗の維持などの解消を目指す」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.