ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
調査リポート
» 2020年03月11日 13時43分 公開

大学3年生に聞く「希望の就職先」、トップは安定の公務員 IT業界ではGoogleやAmazonが人気

大学3年生が、現時点で「働きたい」と考えている勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査結果を発表。1位は地方公務員、2位は国家公務員、3位はGoogle日本法人だった。

[ITmedia]

 2021年3月に卒業予定の大学3年生が、現時点で「働きたい」と考えている勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが約400人を調査した結果、1位は地方公務員(26.7%)だった。2位は国家公務員(16.8%)、3位はGoogle日本法人(9.2%)、4位は味の素(6.9%)、5位はアマゾンジャパン(6.6%)と続いた。

 志望理由を聞いたところ、地方公務員になりたい人からは「安定しており、絶対になくならない職業だから」「地元で働きたいから」、国家公務員を目指す人からは「安定しているから」「国の政策に興味があるから」といった声が上がった。

photo 大学3年生の「希望の就職先」ランキング

 Google志望の人は「最先端の企業だから」「(Webサービスなどが)私の生活の中で欠かせないから」「働きやすそうだから」、アマゾン志望の人は「やりがいがありそう」「普段から使っているから」などと理由を説明していた。

 その他の人気企業をみると、6位はLINE・日本赤十字社(同率6.4%)、8位は明治(5.1%)、9位は日本郵便・花王・大塚製薬(同率4.1%)が入った。IT企業では、30位のApple Japan(2.5%)や34位の日本アイ・ビー・エム(2.3%)なども人気だった。

 全体的に消費者の視点から企業に興味を持つ学生が多く、リスクモンスターは「学生にとって日常生活で身近な商品・サービスを扱っている企業に人気が集中している」とみている。

 就職先を選ぶ上で重視するポイントは、給与が59.8%でトップ。2位は残業時間(34.9%)、3位は福利厚生(30.3%)、4位は雇用形態(27.2%)と続いた。

 最低限実現したい生涯最高年収は、500万円以上600万円未満(15.0%)、400万円以上500万円未満(12.7%)、600万円以上700万円未満 (12.2%)の順に多かった。

 調査は1月16〜30日にインターネット上で実施。21年3月に卒業予定の大学3年生男女に意見を聞き、393サンプルの回答を得た。

photo 大学3年生が最低限実現したい生涯最高年収

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.