ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年03月18日 09時55分 公開

Amazon.com、新型コロナ対策で物流拠点での配送に優先順位付け 生活必需品を優先

Amazon.comが、新型コロナウイルスの影響でオンラインショッピング急増し、生活必需品が不足していることを受け、物流拠点での配送に優先順位を付け、対象商品以外の配送を一時停止する。まずは米国とEU圏で実施する。

[ITmedia]

 米Amazon.comは3月17日(現地時間)、小売業者向けのFBA(Fulfillment By Amazon)サービスの欧米のWebページで、物流拠点(フルフィルメントセンター)での需要の高い商品の出荷を一時的に優先すると告知した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への懸念でオンラインショッピングが急増し、一部の商品の在庫が枯渇したため。

 amazon

 入庫・配送を優先するのは、ベビー&マタニティ、ヘルスケア&家庭用品、ビューティー&パーソナルケア(基礎化粧品やシャンプー、せっけんなど)、食品&飲料、産業・開発用品(マスクや消毒液、ゴム手袋など)、ペット用品。

 これら以外の商品は、出荷作業を一時的に停止した。これは、Amazon自身と小売りベンダーで同じアプローチだ。

 この措置は少なくとも4月5日まで続く。通常運用の再開はその時点で検討し、発表する。日本など、欧米以外のFBAには今のところ告知はない。

 Amazonは16日、全米のフルフィルメントセンターでフルタイムとパートタイムの雇用を10万人増やすと発表している。

 amazon 2 Amazon.comのフルフィルメントセンター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.