ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年03月28日 01時41分 公開

「Google Cloud Platform」の障害が解消 原因は調査中

「Google Cloud Platform」の障害が解消。現在は原因を調査中。「分析が完了次第、結果を公表する」としている。

[ITmedia]

 米Googleは3月27日午後10時54分(日本時間、以下同)、パブリッククラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)で発生していた障害が解消したと発表した。現在は原因を調査中で、「分析が完了次第、結果を公表する」としている。

 27日午前8時ごろから、東京、米国オレゴン州、ベルギー、台湾、香港などのリージョンで、GCPに含まれるIaaS「Dataflow」「BigQuery」「DialogFlow」「Kubernetes Engine」「Cloud Firestore」などが利用できない状態となり、Googleは復旧を急いでいた。

photo 「Google Cloud Platform」の障害が解消した

「G Suite」でも不具合

 同日はGoogleのクラウドサービスで障害が重なっており、午前0時過ぎにはクラウド型グループウェア「G Suite」で不具合が発生。主に米国南東部で、Gmail、Google カレンダー、Google ドライブ、Google ハングアウトなどが利用できない状況になったが、同日午前1時過ぎに復旧した。

 G Suiteの障害の原因は、米アトランタにあるデータセンターのルーターの不具合であり、GCPの障害とは無関係だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.