ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年04月03日 18時45分 公開

携帯3社、25歳以下のスマホ通信制限を無償で解除 オンライン授業を支援

携帯キャリア3社は、25歳以下のユーザーを対象に、通信速度制限の解除やテザリングのオプションを無償で提供すると発表した。学生に安定した通信環境を提供する。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは4月3日、25歳以下のユーザーを対象に、通信速度制限の解除やテザリングのオプションを無償で提供すると発表した。総務省の要請を受けたもので、学生が自宅でオンライン授業などを受講する際に、安定した通信環境を提供する考え。

photo NTTドコモのプレスリリース

 3社は、スマートフォンで月間のデータ使用量の契約上限を超えて通信を行ったユーザーに対し、通信速度が低下しないように無償で通信制限を解除する。通信制限が掛かった場合に、ユーザーが通信できる容量を追加で購入できる「1GB追加オプション」(NTTドコモ)などのサービスを50GBまで無償で受け付ける仕組み。

 スマートフォン経由でPCをインターネットに接続する機能「テザリング」を有料としているKDDIとソフトバンクは、テザリングの費用も無償とする。

 対象期間はNTTドコモが4〜5月、KDDIが4月1〜30日、ソフトバンクが4月3〜30日。25歳以下であれば、学生でなくてもサービスが受けられる。

 東京大学や三重大学などは4月以降、講義室などに集まって行う対面形式の講義を中止。代わりにインターネットを通して授業映像を配信するなど、学生が自宅で教育を受けられるオンライン授業を行うと発表している。授業映像の視聴はデータ通信量が増える他、安定した通信環境も求められる。

photo 東京大学の発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.