ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年05月11日 17時52分 公開

前澤友作氏、 「前澤ひとり親応援基金」創設 10万円を1万人のひとり親に配布

前澤友作氏がひとり親の支援を目的とした「前澤ひとり親応援基金」の創設を発表。支援の第1弾として、最大1万人のひとり親に10万円を配布するアンケート企画を実施している。

[ITmedia]

 ZOZO前社長の前澤友作氏は5月10日、全国のひとり親を金銭的に支援する「前澤ひとり親応援基金」を創設したと公式Twitterアカウントで発表した。支援の第1弾として、アンケートに回答したひとり親の中から、最大1万人に10万円を配布する企画を10日から開催している。

photo 「前澤ひとり親応援基金」のロゴ

 アンケートでは、ひとり親となった理由、新たなパートナーシップの現状、養育費の受け取り状況などを聞いている。Twitterを利用していない人も、専用のフォームから回答できる。

 応募できるのは20歳以下の子を持つひとり親限定で、10万円を受け取る際にはひとり親である証明が必須となる。申込者が1万人を超えた場合は抽選を行う。

 アンケートにのみ参加し、10万円の受け取りを望まないことも可能としている。

 アンケートの締め切りは5月15日午後11時59分。入金は5月18日から始める予定。

photo ZOZO前社長の前澤友作氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.