ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年05月12日 21時43分 公開

Apple、Logic Pro XにLive Loopsを追加 サンプラーも大幅機能強化

iOS版GarageBandで先行していたLive LoopsがmacOS版のLogicにやってきた。

[松尾公也,ITmedia]

 Appleは5月12日、自社のmacOS向けDAW製品「Logic Pro X」を10.5にアップデートした。今回のバージョンアップではLive Loopsが追加された。Logic Pro Xの価格は2万4000円(税込)。

 Live LoopsはiOS版GarageBandでは既にある機能で、EDMなどのリアルタイムで多数のループサウンドをコントロールするのに適しており、Remix FXで多彩な音色変化を様々なパラメータで反映させることができる。

 Live Loopsは、iPadとiPhoneをコントロールサーフェスにするLogic Remote機能を使うことでマルチタッチジェスチャーによる操作が可能。

photo Logic Pro XにLive Loops機能が

 サンプラーが大幅に機能アップされ、マルチサンプル作成のワークフローが容易になった。Auto SamplerでMIDIに対応したハードウェアシンセサイザー、ソフトウェアシンセサイザーのサウンドをサンプラーに取り込むことも可能になった。

photo Logic Pro Xのサンプラー機能

 また、ドラムマシン機能ではクラシカルなステップシーケンサーが使えるようになっている。

photo ステップシーケンサー

 オリジナルコンテンツとして、ビリー・アイリッシュの楽曲「Ocean Eyes」のマルチトラックプロジェクトが付属する。

photo ビリー・アイリッシュのボーカルテクスチャも個別に見て試すことができる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.