ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年05月13日 16時08分 公開

N高とメルカリがコラボ授業 テーマは「20年後の価値交換」 優秀な生徒はメルカリ役員にプレゼンも

メルカリとN高が「20年後の価値交換の在り方」をテーマにしたコラボ授業を共同で行う。授業名は「Project 2040 - 20年後の価値交換を考える」。最終プレゼンに選ばれた生徒らには、メルカリ役員にプレゼンする機会が与えられる。

[ITmedia]

 通信制高校「N高等学校」(N高)とメルカリは5月13日、同校の生徒を対象に、「20年後の価値交換の在り方」をテーマにしたオンライン授業を共同で行うと発表した。メルカリによる講義の他、グループワーク形式でのビジネスコンテストを実施。選考を通過したグループは、メルカリ役員の前で自身のアイデアを発表できる。

photo N高とメルカリがコラボ授業を行う

 授業名は「Project 2040 - 20年後の価値交換を考える」。実施期間は5月13日〜6月26日。信用スコアや暗号資産といった、従来の貨幣とは異なる取引手段の発展を学びつつ、20年後に求められるビジネスの在り方を提案する内容になるという。

 具体的なカリキュラムは、(1)価値交換の変遷を学ぶ、(2)現在の価値交換を支えるサービスを調査し、仕組みを知る、(3)今後20年の間に起こる社会の変化を予測し、価値交換の在り方を考え、その価値交換を支えるビジネスやサービスを提案する――の3項目。

 (3)ではグループに分かれてプレゼンテーションを行い、選ばれたグループは「2040年の価値交換を支えるサービス」というテーマで、メルカリ役員に向けて発表できる。

 今回の共同授業は、N高が注力している、生徒の課題解決能力やコミュニケーション能力を高める施策「プロジェクトN」の一環で行う。同施策は通学コース向けだが、新型コロナウイルス対策としてオンラインで行う。

 企画に当たっては、メルカリの研究開発組織「mercari R4D」などが協力した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.