ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年08月06日 12時14分 公開

京急電鉄、放置物をAIで自動検知 羽田空港第1・第2ターミナル駅でテロ対策

京急電鉄が、放置物をAIで検知するシステムを羽田空港第1・第2ターミナル駅に導入。テロ対策につなげる。

[ITmedia]

 京急電鉄は8月5日、放置物をAIで検知するシステムを羽田空港第1・第2ターミナル駅に導入すると発表した。テロ対策として8日から運用する。

AIによる放置物検知のイメージ

 防犯カメラ映像をAIが分析し、物体の形状や放置された時間から、放置物かどうかを判定。放置物と判定した場合は自動で警報を出す。必要に応じて駅係員や警備員が対処し、危険物と判明すれば警察に通報する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.