ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年08月11日 13時34分 公開

LINE、JASRACと包括契約 公式アカウントから楽曲配信可能に

LINEがJASRACと包括契約。LINE MUSICは既にJASRACと契約していたが、親会社のLINEも契約することで、LINEの企業公式アカウントやアーティスト公式アカウントから楽曲配信できるようになる。

[ITmedia]

 LINEは8月7日、日本音楽著作権協会(JASRAC)と、LINEが提供するサービスでのJASRAC管理楽曲の音楽著作権に関する包括的な利用許諾契約を結んだと発表した。

 LINE MUSICは既にJASRACと契約していたが、親会社のLINEも契約することで、LINEの企業公式アカウントやアーティスト公式アカウントから楽曲配信できるようになる。

画像

 新たな契約は、(1)LINE MUSIC配信楽曲との連携(プロフィールBGMやトークBGMの設定、トーク・タイムラインでの音楽シェア、着信音・呼出音への使用)、(2)企業やアーティストなどによるLINE公式アカウントや、LINE NEWSでの楽曲配信、(3)LINE LIVEでの楽曲配信――が対象。

 LINE MUSICとLINE LIVEは既にJASRACと契約していたが、新たな契約では、LINEの公式アカウントを持つ企業・アーティストや、LINE NEWSも対象になっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.