ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年10月05日 13時18分 公開

富士通、全社DX改革「フジトラ」本格始動 「IT企業からDX企業へ」

富士通が全社的なDXプロジェクト「フジトラ」を本格始動。1000億円以上投資して自社を変革するとともに、その成果やノウハウをソリューションやサービスなどに反映する。

[ITmedia]

 富士通は10月5日、全社的なデジタルトランスフォーメーション(DX)プロジェクト「Fujitsu Transformation」(フジトラ)を本格始動したと発表した。1000億円以上投資し、製品やサービスから組織、企業文化まで変革を目指すとともに、その成果やノウハウをソリューションやサービスなどに反映する計画だ。

画像 ニュースリリースより

 経営や業務プロセス、データを標準化し、1つのシステムに統合する「One Fujitsuプログラム」を展開。現場から経営まで最新データに基づいた経営状態を把握でき、意思決定やオペレーションを最適化できるようにする。

 目的志向やデザイン思考、アジャイルといったフレームワークを全社的に導入し、部門間の縦割りなどの硬直化した社内カルチャーの変革も目指す。

 同社の時田隆仁社長は「CDXO」を兼任。今年4月にSAPジャパンから入社した常務CIOの福田譲氏を「CDXO補佐」とし、2人がリーダーシップをとる。さらに、国内外の各部門から「DX Officer」(DX責任者)を、デザイナーや営業・SE、財務経理、広報IRなどの多様な人材を「DX Designer」として選出し、全社的にDX化を進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.