ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年10月08日 12時45分 公開

クボタ、NVIDIAと協業 「完全無人農機」実現に向け、エッジAI開発を加速

クボタが米NVIDIAと、農業機械の自動運転分野で戦略的パートナーシップを結んだ。

[ITmedia]

 クボタはこのほど、米NVIDIAと、農業機械の自動運転分野で戦略的パートナーシップを結んだと発表した。車載型で遅延のないエッジAI技術の開発を加速し、完全無人で動作する「次世代型無人農機」の実現につなげるとしている。

画像 クボタが1月に発表した、完全無人トラクタのコンセプトモデル

 クボタはこれまでにも、GPSを使い、有人監視の下で無人運転できるトラクタを発売するなど、自動運転農機の開発を進めてきた。

 次世代型として、天候や生育状況などのデータから適切な農作業を自律的に判断・実行できる、完全無人農機の実現を目指している。

 周囲の状況を自律的に把握し、次の行動を即座に判断できる無人農機の実現には、車載型で遅延のないエッジAIの開発が必要と判断。従来からNVIDIAと連携して開発を進めてきた。

 新たに、NVIDIAと戦略的パートナーシップを結ぶことで、連携を強化し、開発をスピードアップしていく狙いだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.