ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月10日 14時16分 公開

Twitter、一時的に「リツイート」機能を仕様変更 引用RTを標準に 米大統領選のデマ拡散防止で

11月の米大統領選に向け、一時的にリツイート(RT)機能の仕様を変更する。

[山口恵祐,ITmedia]

 米Twitterは10月9日(現地時間)、11月の米大統領選に向け、一時的にリツイート(RT)機能の仕様を変更すると発表した。ユーザーがツイートのRTボタンを押すと、まずは「引用RT」の画面を表示し、自身のコメントや意見を追加するように促す。

photo

 引用RTの画面でコメントを書き込まずに「リツイート」ボタンを押せば、通常のRTも引き続き行える。RTの手順を増やすことで米大統領選に関連したデマ拡散を防止する狙い。10月20日から仕様変更を行い、11月3日の大統領選後もしばらく継続する。対象地域は全世界。

 さらに大統領候補や政治家、米国を拠点に10万人以上のフォロワーを持つ人など、影響力があるユーザーのツイートにシステムが「誤解を招く」というラベルを付けた場合、他のユーザーはそのツイートを表示するために警告をタップする必要がある。ツイートを表示した場合、いいね、RT、返信はできず、引用RTのみ行える。

photo 影響力があるユーザーのツイートに「誤解を招く」ラベルが付いた場合、他のユーザーはいいね、RT、返信はできず、引用RTのみ行える

 「誤解を招く」ラベルが付いた一般ユーザーのツイートにも警告を表示する。信頼できる情報を発信するサイトを確認するように誘導するが、いいね、RT、返信の制限は行わない。

photo

 Twitter社は「(ツイートを)RTする理由を考え直し、より多くの考え方や視点による意見がもたらされることを願っている」としている。

 大統領選を巡っては、米Facebookや米Googleが投票日以降に関連広告の表示を一時的に停止するなど、デマ拡散や選挙結果に影響を与えるような行為の防止に向けて、慎重な対応が行われている。

【追記:2020年10月21日午後12時 通常のRTを行う方法を追記しました。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.