ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月23日 08時14分 公開

Apple、iPhoneとiPad向け「iMovie」をアップデート タイトル調整、HDR編集を強化

iPhoneとiPad用のiMovieが大幅に強化された。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleは、iPhoneおよびiPadアプリ「iMovie 2.3」アップデートの配布を開始した。タイトルの細かい調整が可能になり、背景やフィルターの調整もできるようになった。また、HDRビデオの編集や共有も可能になった。

photo iMovieの新機能

 iOS 14.0、iPadOS 14.0以降のシステム環境が必要だ。

 バージョン 2.3 の新機能は次の通り:

  • 幅広い内蔵フォントを使ってタイトルをカスタマイズ
photo 従来はフォントが変更できなかったが、新バージョンでは豊富なフォントが選べる
  • プリセットのグリッド、プリセットのスペクトラム、数値スライダー、またはビューワーのスポイトを使ってタイトルの色を調整
  • タイトルのデフォルトのスタイル、大文字/小文字、継続時間を素早く変更
photo テキストシャドーも可能に
  • タイトルのサイズと位置をピンチとドラッグで調整
  • 3種類の新しいアニメーションタイトルを追加: スライド、分割、クロマティック(2色)
  • ムービーに単色、グラデーション、パターンの背景を追加
  • カラーピッカーを使って背景の色をカスタマイズ
  • スライダーをドラッグして、写真やビデオに適用したフィルタの強度を変更
  • 60フレーム/秒の4Kビデオを読み込みおよび共有
  • ハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオを写真ライブラリから表示、編集、共有
  • 共有シートの上部にある新しいオプションボタンをタップして、プロジェクトやビデオファイルを共有したり、解像度、フレームレート、HDRなどのプロパティを選択したりすることが可能

 60フレーム/秒の4Kビデオを使用するには、iPod touch(第7世代)、iPhone SE(第2世代)、iPhone 7以降、iPad(第6世代)以降、iPad mini(第5世代)、iPad Air 3以降、10.5インチiPad Pro以降が必要。HDRビデオを編集および共有するには、iPhone SE(第2世代)、iPhone 8 Plus、iPhone X以降、iPad mini(第5世代)、iPad(第7世代)以降、iPad Air 3以降、10.5インチiPad Pro以降が必要だ。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.