ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月31日 05時14分 公開

Appleのサブスク全部入り「Apple One」、日本でスタート 音楽、ゲーム、動画、クラウド合わせて月1100円から

10月31日から日本でも「全部入り」が可能に。

[松尾公也,ITmedia]

 米Appleは10月31日、同社のサブスクリプションサービスをまとめて割安で提供する「Apple One」を日本でもスタートした。執筆時点で公式サイトでは「この秋、登場」となっているが、既にiPhone、iPadの「設定」アプリから、サブスクリプション>Apple Oneを選択することで購読できる。

 日本でApple Oneとして提供されるのは、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudの4サービス。個人プランとファミリープランがあり、それぞれ月額1100円と1850円。ファミリープランでは自分以外に最大5人が利用できる。また、iCloudの容量は個人が50GB、ファミリーが200GBの違いがある。

 米国版Apple Oneでは最上位の「Premier」プランがあり、iCloudの容量が2TBになるほか、ニュースサブスクリプションのNews+、Apple Watchを使ったフィットネスサービスのFitness+が提供される。どちらも日本では提供されないサービスだ。

photo Apple Oneはサブスクリプション管理のトップに表示される
photo 個人プランの詳細
photo ファミリープランの詳細
photo 個人プランを選択した
photo 全サービスを個別に購読すると月額2310円
photo Apple Arcadeが利用可能に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.