ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年11月04日 16時30分 公開

アツギ、「タイツの日」PR企画の不適切表現を謝罪 Twitterで「性的」と批判相次ぐ

アツギがTwitter上で展開していた「ラブタイツキャンペーン」の一環で投稿したイラストの一部に、性的な描写を連想させる不適切な表現があったとして謝罪した。

[谷井将人,ITmedia]

 ストッキングやタイツの製造販売を手掛けるアツギ(神奈川県海老名市)は11月3日、Twitter上で展開していた「ラブタイツキャンペーン」の一環で投稿したイラストの一部に、性的な描写を連想させる不適切な表現があったとして謝罪した。

photo

 同社は11月2日の「タイツの日」に合わせて、タイツをはいた女性のイラストなどをハッシュタグ「#ラブタイツ」とともに投稿するプロモーションを行った。その中の一部の投稿を巡り、Twitter上では「女性を性的な目で見ている」とする批判が相次ぎ、「性的搾取」がトレンド入りするなど話題になった。

 アツギは3日に「多くのみなさまに不快な思いをさせてしまいましたことを深くおわび申し上げます」と文書で謝罪。同日までにキャンペーンのツイートを削除した。当面の間は公式アカウントでのツイートを休止する。

 企画の意図については「タイツのある生活シーンを想起して頂き、タイツとファッションを楽しんで頂きたいという趣旨だった」と説明している。

 投稿したイラストは全て事前に社内でチェックしていたが「社内における確認体制やモラル意識の甘さにより、多くのお客さまの期待を大きく裏切る結果となった」とし、「イラストレーターに非は一切ない」とした。

photo

 今後は社員教育の徹底やSNSアカウントの運用ポリシーの順守など、管理体制の全面的な見直しを進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.