ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年11月11日 06時31分 公開

Apple、「M1」発表イベントのゲストに懐かしの「パソコンくん」

Appleが自社製プロセッサ搭載Macを発表した録画イベントの締めくくりを担ったのはティム/クックCEOではなく、2008年からしばらく放映していたWindows製品を揶揄するCMシリーズ「Get a Mac」の「パソコンくん」だった。

[ITmedia]

 米Appleは、11月11日に公開した自社製プロセッサ「M1」搭載Macを発表した録画イベントの最後に、懐かしいゲストを登場させた。2008年からしばらく放映したWindows製品を揶揄するCMシリーズ「Get a Mac」の「パソコンくん」だ。

 イベント終了かと思いきや、「ちょっと待って、One More Thing」とパソコンくんが嬉しそうに登場。

 pc 1 「One More Thing」

 約10年ぶりにパソコンくんを演じるジョン・ホッジマンは昔とほぼ変わらないスタイルで、Macよりパソコンの方が優れていると熱く語る。が、自慢するのは静か過ぎるのはそれほどいいことではないとか、バッテリー駆動時間なんて長くなくても電源に挿せばいいじゃないか、などということばかり。「まだまだいけるぞ」と走ってみせて息切れし、「充電しなきゃ」というオチ。

 2008年の「Get a Mac」シリーズの相棒、ジャスティン・ロングは登場しない。

 pc 2 2008年の「Get a Mac」シリーズ当時のジョン・ホッジマン(左。右はMacくん役のジャスティン・ロング)

 Appleはこのイベントで、「M1」とそれを搭載するMacBook Air、Mac mini、MacBook Proの3機種を発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.