ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月16日 09時06分 公開

Apple、次期iPhone 13で省スペースの新バッテリー技術採用か

早くもiPhone 13の噂が出ている。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 TF International Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏は、来年発売予定のiPhone 13とiPhone 13 miniは、ソフトボードバッテリー技術を活用して省スペース化を図り、コストを削減すると予想していると、Appleinsiderが伝えている

 AppleはiPhone 8以降で、一部のLTEアンテナにソフトボードを採用してきたが、今回はバッテリー回路に採用すると考えているそうだ。

photo 現行のiPhone 12

 LCPソフトボードとも呼ばれるこのソフトボードは、ベースとなっている液晶ポリマーにちなんで、通常のプリント回路基板に代わる柔軟な選択肢を提供し、高速で低遅延のデータ転送を可能にする材料でもあると説明している。

 Career Technologyは、iPhone 13と13 miniのバッテリーソフト基板の受注を約40〜50%獲得し、iPhone 13は、バッテリーソフトボード技術を採用した最初のiPhoneモデルになると予測しており、新規参入企業であるCareer Technologyは、iPhone 13シリーズがバッテリーソフト基板設計に切り替わったことで最大の恩恵を受けるだろうと考えているという。

 また、Career Technologyは、2021年前半に発売される予定のAirPodsと、ミニLED搭載iPadの主要サプライヤーになるだろうと考えているそうだ。

photo 現行のiPhone 12 Proと12Pro Max

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.