ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2020年11月30日 16時05分 公開

無人でバウムクーヘン焼き上げ AIが職人の“ふわふわ”“しっとり”を再現

洋菓子の製造や販売を行うユーハイムが、AIの技術を活用し、バウムクーヘンを焼くオーブン「THEO」(テオ)を開発した。2021年3月の実装を予定する。

[安田晴香,ITmedia]

 洋菓子の製造や販売を行うユーハイム(神戸市)は11月30日、AIの技術を活用し、バウムクーヘンを焼くオーブン「THEO」(テオ)を開発したと発表した。生地の焼き具合を画像から学習したAIが、焼き具合を見て調整する仕組み。2021年3月にオープンする店舗への導入に向け、年明けから実験を進める。

photophoto AIを活用し、バウムクーヘンを焼くオーブン「THEO」(テオ)

 ユーハイムの職人が作ったバウムクーヘンの生地の各層を画像センサーで解析し、焼き色や機械を稼働させる速度などのデータをAIに学習させて焼き上げる。職人が焼いたバウムクーヘン5〜10本分のデータがあれば、自動でその職人と同じ食感や焼き色を約30分で再現できるとしている。

 生地を焼き上げる棒をオーブン内に設置すると、自動で棒が回り、新しい生地を重ねながら焼く。ユーハイムによると、これまでは1本焼き上げるに当たり1人の職人が機械に付きっきりで生地の様子を確認する必要があったが、THEOを使うことで省人化にもつながるとしている。

生地が付いた棒が自動で回り、新しい生地を重ねながら焼いていく

 THEOの開発に至ったきっかけは5年前。社内で南アフリカのスラム街の子どもたちに菓子を届けるプロジェクトが立ち上がった。より多くの菓子を届けるためには量産化が必要で、菓子が日持ちするように食品添加物なども加えなければならない。しかしユーハイムでは、食品添加物を使わない菓子作りにこだわっていた。そこで職人の技を自動で再現できる機械を開発すれば南アフリカでも菓子を製造でき、添加物を使わずにより多くの菓子を生産できるのではと考え、開発を進めたという。

 同社の商品販売やシェアオフィスの機能を備え、2021年3月に名古屋市内にオープンする「BAUM HAUS」(バウムハウス)へTHEOの導入を予定。訪れた客へTHEOで焼いたバウムクーヘンを提供するとしている。

photo 2021年3月にオープンする「BAUM HAUS」(バウムハウス)
photo ユーハイムの河本英雄社長

 ユーハイムの河本英雄社長は「テクノロジーと職人技の親和性は高い。THEOによって、いつでも、誰でも、どこでも焼き立てのバウムクーヘンを食べられる世界を目指したい」と意気込みを語った。

 今後は、菓子店間でTHEOを遠隔操作したり、消費者がTHEOを使ってバウムクーヘンを焼くなどの実験を行う。ANA(全日空)グループで遠隔操作ロボットを手掛けるavatarin(東京都中央区)などと共同で商用利用に向けた実験を進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.