ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年01月22日 07時33分 公開

Apple、AR/VRヘッドセットを2022年に発売する計画? M1を上回るチップ、ハンドトラッキング、空中文字入力も

再びAppleのヘッドセット情報。だが、今回は内容が具体的だ。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleは早ければ2022年にAR/VRヘッドセットを発表する可能性があり、最初のヘッドセットは、競合他社製品と比べてかなり高額な製品になる可能性があると、Bloombergが報じている

 コードネーム「N301」と名付けられたこのヘッドセットは、後期プロトタイプの段階にあり、コードネーム「N421」と名付けられたARメガネも開発していると伝えている。

 Appleは、既存のVR製品よりもはるかに高解像度なディスプレイと一緒にヘッドセットに最も先進的で強力なチップを搭載する予定で、デバイスでテストされたチップの中には、M1チップの性能を上回るものもあり、ファン付きのヘッドセットも開発しているようだ。

photo M1チップを上回るものもあるという

 これらは製品化するかどうかは決まっておらず、製品化されない可能性もある模様。

 本体は独立して動作し、筐体にはファブリックが使用され、目との距離が近くなるよう設計されているため、視力が弱い人向けに補正レンズを挿し込む仕組みも検討しているようだ。

 ヘッドセットのプロトタイプのうちのいくつかはOculus Questのサイズで、AR機能を有効にするためにカメラを搭載し、カメラを使ったハンドトラッキングのテストを行っており、ユーザーが仮想的に空中で文字を入力できる機能に取り組んでいると情報筋は話したという。

photo Oculus Quest 2

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.