ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年02月12日 10時09分 公開

3Dプリンタとスプレーで作る曲面タッチディスプレイ MITなど開発Innovative Tech

3Dプリンタにスプレーを組み込む手法も検討中。

[山下裕毅,ITmedia]

Innovative Tech:

このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

 英ブリストル大学、米MIT CSAIL、英バース大学による研究チームが開発した「ProtoSpray」は、3Dプリントとスプレーによるコーティングを組み合わせ、曲面を含むさまざまな形状のタッチディスプレイを作れる技術だ。

photo 曲面を含む任意の形状で作成できるディスプレイ

 ProtoSprayは、2つの材料(導電性と絶縁性)から物体を3D印刷し、その上に誘電体をスプレー塗布、ELディスプレイのコンポーネントを積層するという2つのステップで行う。

photo 3Dプリントとスプレー塗布の2ステップで作成

 ELディスプレイが発光するためには、導電性の下部電極/上部電極、絶縁性の誘電体層/発光層の4つの層が必要。

photo ディスプレイを発光させるための内部構造

 オブジェクトの形状は標準的なプラスチックで印刷し、発光領域は導電性プラスチックで印刷する。次にマスキングしたオブジェクトにエアブラシを用いて発光体や導電性電極を塗布する。

 仕上げたディスプレイに電力を供給すると、曲面でもムラを抑えたきれいな出力が可能だ。球体、立方体、メビウスの帯などのディスプレイを作成している。タッチディスプレイとしても機能する。

photo メビウスの帯状のディスプレイ
photo バッテリー表示用ディスプレイ
photo 腕時計用ディスプレイ

 3Dプリンタにエアブラシまで組み込み、全自動で作成できるデバイスも構想している。そのために必要な3Dプリントの解像度、スプレー噴霧の方向、オブジェクトの表面形状など、さまざまな角度から比較実験を行い議論しているという。

photo 3Dプリントとスプレーコーティングを組み合わせた全自動マシンのコンセプト画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.